手相の生命線からわかることとは

手のしわの形や濃さを見て占いをする手相で、生命線は最も有名で知られている線の1つです。他の線のことはよく知らないけれどこの線のことは聞いたことがあるという人も多いのではないでしょうか。この線は親指と人差し指の間から、手のひらの中心の下の手首方向へ伸びている線です。人によって長さや形、伸びている場所が違いがありますが、一般的に長いほど長生きをすると考えられています。

手相で生命線は寿命の長さだけでなく、様々なことを教えてくれる線といわれています。長いと寿命が長いということに加え、太くしっかりしていると体力があり丈夫な体を持っている人であると判断される線です。またカーブが大きくくっきりとしていると、活発であると考えられています。さらに途切れることなく繋がっているとずっと健康であると判断することが出来る線です。

このように手相で生命線は健康や寿命・活力などと関係しているのが特徴です。くっきりとして長いほど良いと考えられています。とはいえ人によっては短かったり薄かったりする人もいるでしょう。現在の不摂生な生活をしているとこの線が弱くなったりすることもあるともいわれています。

気になる時には生活習慣を振り返ってみるきっかけにすると良いでしょう。また最近では自分で書くことで開運をしようと考える人もいるようです。自分で手相を書き込むことで前向きになったり、短い手相の生命線が気にならなくなるというのであれば、試してみても良いのではないでしょうか。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.