手相の恋愛運を書き足してアップ

手相の恋愛運は種類があります。恋愛線やモテ腺、元サヤ線など、ひとつではないので自分にどの線があるかを見るのが楽しみになります。ただ、見ていても薄かったり、全然なくて落ち込んでしまうこともあります。そんなときは自分で手相を書けば良いです。

書き方ですが、水性ペンで毎日書くだけです。油性ペンの方が消えませんが、水性ペンで毎日書き続ける方が気持ちが強まって良いとされています。濃く長く書くことは、それだけ自分の気持ちが強いことの表れです。手相の恋愛線は誰でもいつでもあるわけではなく、日々変化します。

あればラッキーくらいの感覚でいた方が良いのかもしれませんが、種類がたくさんあってわかりにくかったり、本来あるのに見にくいこともあります。今気になる人がいるのに。見当たらないから恋愛運がないとあきらめてしまう前に書くことで意識も気持ちも変わり、自信が持てたり、前向きになれることもあります。それによって、また手相も変化するのです。

出会いがなければ人差し指の付け根のふくらみにクロスを書く。真剣に結婚を考えているからモテ期が訪れてほしいなら、親指の付け根のふくらみに*を書く。恋愛線が薄かったり、線がないから書く。こんなことでも変わりますし、復縁や今付き合っている人が一途になって欲しいという人も書き足すことで恋愛運をアップさせることができます。

運を引き寄せるのには、自分の気持ちは大切なことです。やれば何かしらの変化があると考えれば、書くだけで簡単なのでぜひ挑戦してみてください。信じて書き続けていけば、恋愛に対する変化があらわれるはずです。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.