手相占いでよく見る財運線とは

手相占いを受けるときに、よく出てくる言葉の一つに財運線というものがあります。手相でいう財運線は、簡単に書くと金運に関する線です。努力をすることで大金をつかむことはできますが、予期せぬトラブルで出費がかさんでしまうこともあります。そこでお金持ちになりやすい運勢であるかどうかを調べることで、自分がお金持ちになるためにどのように対処していけば良いのかを把握することが可能です。

財運線は、手相では水星丘と呼ばれる小指のつけ根のあたりに現れます。この線がどのように出ているかによって、金運の傾向がみえてきますので覚えておきましょう。例えば、この線が長い場合には親及び故郷との縁が深く、家で行っている会社や店舗の後を継ぐなどをして生計を立てる人に主にみられます。逆に線が短い場合は交渉力を必要とする営業などに向いており、良い運勢を示しています。

途切れ途切れで線が出ている場合は、財政面でピンチになっている場合が多いです。2本以上複数ある線の場合は浪費に気を付けておいたほうが良いという意味を持ちます。三股に分かれている場合は、予期せぬ大金が転がり込んでくる可能性がある良い運勢です。逆に、財運線がほとんどあるいは全く手相に見られない人もいます。

この場合は、お金にあまり執着を持っていない人にみられます。お金がないなりにやっていけるという意味を持っていますが、浪費に注意することが必須です。もしも金運が良くないと出た場合には、良くない点を改善する努力をすることは重要です。ただ、それ以外にも手相に財運線をマジックなどで書き足しておいて強く念じることでも効果があるとされているため、試してみましょう。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.